反響Good!本当にもらって嬉しいお土産ベスト5 (フランス編)

こんにちは、
お土産選びって、本当に大変ですよね〜!

私は定番のものじゃなく少しだけ特別なものを買いたかった。一体、何がいいのかすごく悩みました。
今日はその中でもフランスで買って帰ったもので反響を含め、ほんと〜によかったものをベスト5で紹介します!

フランスにきたんだから何かおいしい物、特別なもの探しを開始したところ….

・ネットで調べるも情報がありすぎてよくわからない。
・ほんとにおいしいもの、いいものってどれ?
・定番すぎるものの他に何かないのかな?

ありますよ!いいのが!
買って帰って、当たりだったものを紹介しまーす。

第5位 ボルディエバター

img_8203

ジャン・イヴ・ボルディエはフランスで唯一の職人としてブルターニュ地方で生息している牛の乳を使用し
最上質の搾乳バターを製造しています。一般的なバターを作るには6時間掛かる一方、ボルディエ氏がバター作りにかける時間はなんと3日間!
そんな彼がお店を構えるブルターニュ地方は
塩田を利用した海塩づくりで有名な地域。
この地で採れた海塩を使用した有塩バターは絶品です!
無塩バターはお菓子作りなどにも汎用性が高く
クリーミーでやさしい味わい。ミルクの甘さを存分に感じることができます。
ほんとにおいしーこのバター!

有塩、無塩、海藻入り、柚子風味、バニラなどいろんな種類があります。1番のおススメは『海藻入り』。細かく刻んである海藻が入っていて風味豊か♡
私は炊きたてのご飯にのせて醤油をちょちょっと!おいしい!もちろんバケットにも。有塩もおすすめです。

ちょっと高級めのスーパーで買えます!間違いないのは百貨店です。
わたしはパリのギャラリー・ラファイエットで買いました。

125gのものでしたが3€くらいでした。むしろパリじゃなかったらもっと安いかも。

でもどうやって持ち帰るの???

私は帰る直前の泊まるホテルの部屋に冷凍付きの冷蔵庫があり、直前まで凍らせた後ジップロッックにいれて完全密閉。
帰り溶けてないか、悪くなってないか心配でしたが、セーフでした。(一応その日は真夏でした)

第4位 カマルグの塩 ペルルドセル 

img_8543

フランスの塩といえば、ブルターニュ地方のゲランデ塩が有名。
ただ、日本で簡単に買えてしまうのが難点。

そこで負けないくらいおいしいお塩!プロヴァンス地方のカマルグ塩!自然海塩です。

フランスのスーパーに行けば簡単に手に入り、125g入りのでだいたい3〜4€で買えちゃう!
他の普通の塩と比べたら高いですが、
日本だと1600円くらいしちゃう高級塩。
おすすめは塩おにぎりにすること♡塩に甘さがあり角がありません。料理好きの方への最高のお土産!

第3位 コーダリーのネイル&ハンドクリーム

img_8539

コーダリー(CAUDALIE)は、フランス、ボルドーのブドウ畑から誕生したスキンケア。 ポリフェノールの恵みで、肌にハリとみずみずしさをもたらします。
出典:http://www.caudalie-japon.com

コーダリーはブドウからできている
フランスで人気のオーガニック化粧品シリーズ
クオリティーもいいし、香りも◎。おみやげにぴったり!
ネットでの評判がよかったから自分用にも買って使ってみました。

☆良かった点
・使い心地がいい
・潤う
・香りがよかった(好き嫌いが分かれるかもしれないです。)
・ぶどうから出来ているからお土産には最適。
・他の化粧水などの製品はちょっと手をだしにくい価格だけど、リップクリーム、ハンドクリームは手軽で荷物がかさばらない
・女の子のお土産にぴったり♡

☆どこで買える??
市内のファーマシー(薬局、ドラックストアみたいなところ)に行けば、ほぼ間違いなくあります。

☆価格は???
日本で買うとリップクリームは1000円〜と結構します。クオリティーがいいので納得ですが。
私はパリのマツキヨと言われてい激安ファーマシーで購入しました。価格はリップクリームが3本セットで7,5€くらい、ハンドクリームは2ユーロくらいでした。

が、パリのそのお店は特別安いです。

普通のどこにでもあるファーマシーだと、リップ1本4,5€〜でした。

パリのマツキヨの場所詳細はおまけで下の方にのせてます。

第2位 マリー・アントワネットティー

img_8541

この紅茶!パッケージがかわいいだけじゃなく、香りが豊かでほんと〜に美味しいんです♡

ヴェルサイユ宮殿の王の菜園から手で摘み取られた新鮮なりんごとバラを使ったオリジナルのマリー・アントワネット ティーは、世界で最もユニークな紅茶の1つとして残っています。出典:http://ninasparis.com/ja/home-ja/

特におススメなのが下の写真にもある

1箱(ティーバック1つ)   ×18個入りのもの!
img_8273

パッケージが、かわいすぎだしフランスっぽいですよね(笑)

そして1箱買ってしまえば、ちょっとした安すぎない配れるお土産になる!そして味もおいし〜♡
これはほんとにおすすめです。
価格は。。。あまり覚えてないんです..ごめんなさい!
記憶では25〜30€くらいだったかな?

パリの本店のリンク↓(ちなみに私が行った時は店員さんが日本人の方でした)
http://dev.ninasparis.com/en/

所在地: 29 Rue Danielle Casanova, 75001 Paris, フランス
電話: +33 1 55 04 80 55

 

第1位 ジャックジュナンのチョコレート

img_8189

このチョコレート!衝撃的においしいです。今まで食べたチョコの中で一番おいしかった!!!

私が行ったお店は1Fにショップと、その横に併設されているサロンドテ(カフェ)、そして2Fに作業場がありました。

ジャックジュナンは日本未上陸!パリに行かないと買えないチョコレート。
いつ上陸してもおかしくない人気のショコラティエです。た〜くさんのフレーバーから選ぶことができて、どれもケースにおいしそうに並べられています。

私が買ったのは9個入りで11€(銀のしっかりした箱に入れてくれます。)この値段って日本では考えられないくらい安い!!

他の日本で有名とされている高級チョコはもっともっとお高いですよね。
クオリティーはこっちの方が好き!ジャックジュナン、本当に感動。

パリのメトロRépublique駅から徒歩数分のところにあります。
2店舗パリにあります。
img_8169
ジャック ジュナン
Jacques Genin Fondant Chocolat
リンク:http://jacquesgenin.fr/fr/
住所:133 rue turenne 75003 Paris
営業時間:11:00~19:00
定休日: 月曜休み
メトロ:「Republique」3・5・8・9・11番線、
「Fille du Calvaire」8番線

おまけ

フランスの化粧品と言えばアベンヌやビオデルマ。

img_7153

フランスに住んで肌荒れを起こした時に救ってくれたのが、このフランスでは定番の化粧品達。

郷には入っては郷に従え”のことわざは本当で、現地の問題は現地のものを使うと治ることは多々あり。

この定番物を自分のお土産に買うのもいいと思います。なんたって値段が格段に違うから。

写真の左のアベンヌ保湿クリーム!これはすごい!保湿力が強くて次の日肌がもっちりとしてくれる大発見のクリームでした。

そこでこれらの化粧品をフランスのどのCity Pharmaよりも、安く買えるお店を紹介します。第3位のコーダリーも安く買えます。

出典:pharmacie-citypharma.fr

ここはめちゃめちゃ安いです。
同じ商品なのにどうしてかわからないけど、ここの店舗だけ安いみたいなのでお土産や自分用にもここは来るべきです。

平日の朝一がおすすめ!

開店前に行ったのですが、ちょっとだけ並んでいました。午後は激混みするみたいなので早めに行ってみてください!

メトロMabillon駅かSaint Germain des Près駅から歩いてすぐ。

img_8162

◆ City Pharma
26 Rue du Four 75006 PARIS
01 46 33 20 81

 

まとめ

フランスは魅力的なスイーツだったり紅茶、ワインなどたーくさんある中で、本当によかったこの5品を紹介しました。

もちろんワインも3本まで持ち帰れます。

お土産を持ち帰る用に日本から持っていく必需品
・ジップロック
・梱包するプチプチ

これは本当に役に立ちました!ぜひフランス、パリに行かれる時には、参考にしてもらえたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

27歳当時、英語0から留学決意。 フィリピン留学、オーストラリアワーホリ1年を経て英語習得。 フランス滞在後、自分の好きな場所で仕事ができる働き方を目指しセブにてITを勉強。
外資で働くが会社員限界になり退職。 現在は場所に囚われない自由な暮らしに憧れ、発信しつつ自由に生活中
いくつになっても人生を楽しく刺激あるものにしていきたいです♡