フランスワーホリ④残高証明書&宣誓書編

今回は残高証明書、ワーキングホリデービザ宣誓書について書いていきます😃

2つ共とても簡単なのですぐ用意できますよー!

 

※前回まではこちらです↓
①長期ビザ申請書の書き方編
②申請動機作文の書き方編
③計画書と履歴書の書き方編

 

残高証明書

 

“申請者名義の日本もしくはフランスの銀行の残高証明書
3100ユーロ以上(相当する額の日本円)の残高があること(帰国のための航空券費用を含む)。申請日から1カ月以内に発行されたもの。”

大使館のHPにかかれてあります。

フランスへ行く前にちゃんとお金を準備しているか、帰ってくる費用はあるかなどを見るためだと思います。

↓実際にゲットした過程をどうぞ↓

〜郵便局で申請〜

私は郵便局で発行しました。実際にあちらで使う予定の国際キャッシュカードは口座は別の銀行のものですが、お金を郵便局の口座に入金し申請しました。

 

《※他の銀行口座から郵便局の口座へお金を移動する場合※》

  1. お金を移動したその日は申請できませんでした。
    いや出来るんです。けど…申請する日の口座残高金額ではなく、前日の時点での残高金額で証明書が発行されてしまうらしく、私は翌日にまた行きました。
  2. 振込ではなく現金を他口座から引き出して、証明書をとる口座に入金する場合は、各銀行に引き出しの限度額があるところがほとんどかと。私は、2日かけて引き出し&入金をしました💦(振込の方が早いけど手数料かかるし現金にしました😂ケチです。はい 笑)

・持ち物【印鑑・本人確認できるもの・口座通帳・手数料510円】を持って郵便局窓口で「残高証明書お願いしま〜す。」っていうだけです。

私は普通に日本語のもので発行してもらいました。
翻訳サービスもあり英語、フランス語バージョンも頼めばして頂けるみたいでしたが、私の地元の田舎の郵便局は数日かかるということで、その日に発行できる日本語で。

そもそも大使館のホームページには何語でという指定がないので大丈夫でした👍

ワーキングホリデービザ宣誓書

 

 

まずフォーマットはこちらから。

ここでは言語の指定はありませんが、フランス語で書いていきます。ただ、なんら難しくないです!

①氏名
ローマ字で。線が途中できれてますが、後ろの短い線は既婚者が旧姓を書くところらしいです。関係ないので空欄。例)Hanako Yamada (山田花子の場合)

②生年月日
例)01/02/1986 (誕生日が1986年2月1日の場合)日/月/年となります。

③出生都道府県
生まれた都道府県。 例)Yamagata (山形県で生まれた場合)

④国籍
ほとんどの方が日本だと思います。
例)男性→Japonais 女性→Japonaise ※フランス語は男性と女性で書く単語が違うのご注意を。

⑤現住所
現在の住所を書きます。
例)4-11-44, Minami-Azabu, Minato-ku, Tokyo 106-8514 Japon (大使館の住所〒106-8514 東京都港区南麻布4-11-44の場合)

⑥署名日
書き方は誕生日と同じように、日付から書きます。
例)01/02/2017 (2017年2月1日の場合)

⑦パスポートと同じ署名
パスポートの顔写真があるページの署名と同じものを書きます。漢字なら漢字、ローマ字ならローマ字で。

 

以上です。とても単純で書き方さえわかれば簡単だと思います 😆

 

この調子で着々と準備していきましょ〜!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

27歳当時、英語0から留学決意。 フィリピン留学後、オーストラリアワーホリを経て英語習得。 フランス滞在後、自分の好きな場所で仕事ができる働き方を目指しセブにてITを勉強。
外資で働くが会社員限界になり退職。 現在は場所に囚われない自由な暮らしに憧れ、発信しつつ自由に生活中
いくつになっても人生を楽しく刺激あるものにしていきたいです♡