フランスワーホリ②申請動機作文の書き方編

こんにちは、只今絶賛ニート中なので朝からブログ記事を書いています💻

今日は、一番の山場。『申請動機作文』!についてです。

前回ブログ記事はこちらからどうぞ↓↓

なぜなら禁句的なものがあるから?ワーホリビザらしく作文を書かなければいけないのです。

完成させるのに本当に時間がかかりました。
先輩方のブログをかなり見ながら、あーでもないいや、こーでもないとかなり試行錯誤。

制限されてしまうと、迷う上にこれでビザが発給させるかどうか決まるのかと思うと慎重になりすぎる。。

まずは簡単な1枚目から

日本語、フランス語、英語のいずれからチョイス!もちろん日本語ですよね〜😳

氏名、生年月日、性別、年齢はそのまま記入。
婚歴→未婚なので未婚に○、子供有無→無。
現住所、電話番号もそのまま記入。ファックスはないので空欄。

学歴および、資格取得等 (あくまでも私が書いた例でこれが正しいかはわかりません😥)

平成○年○月  ○○高校   卒業 平成○年○月  全商簿記検定 取得
平成○年○月  ○○専門学校 卒業 平成○年○月  美容師免許  取得
平成○年○月  ○○○ School 卒業

職歴
私自身、けっこう職歴がある方だったので省略して2個くらい書きました。

平成○年○月  ○○○会社 入社
平成○年○月  ○○○会社 退社 ……

ワーキングホリデービザ発給の場合には、いつ頃フランスに発つ予定ですか?

出発日をそのまま記入。例)平成29年6月15日

いざ2枚目、動機作文へ



ワーキングホリデービザは何の為にあるかを理解

ワーキングホリデービザは、フランスと日本の若者の国際交流を促し、互いの親交および理解を深めることを目的としています。 出典:https://jp.ambafrance.org/article6252

要は若いうちはいろんな経験をした方がいいからこのビザがあるよ。
1年間だけ住んでいろんなフランスを見てね♡🇫🇷ってことかなと勝手に理解(笑)

専門的に学びたいなら学生ビザ、働くなら就労ビザ、ただ観光したいのならばツーリストでどうぞってこと。

わたしが気をつけたポイント

  • 「○○を専門に学びたい。その為に渡仏するんです。」は絶対NG!!
  • 今後の移住をにおわせる文章はダメ。1年でしっかり帰りますアピールを。
  • 働く予定ですがあくまでもバイトです。生活費のためです。
  • 語学は学校に行く予定ですが、それがメインでは決してありません
  • 観光もしますよ、ちゃんとお金を落としますよ。(なんだかいやらしいですがww)

 

どんな流れで書いたの?

(これが正解ではないのであくまで参考にどうぞ^o^)

〜書き始め〜

私は以前フランスへ訪れた際に………..etc
…………がとても興味深く自分がもつフランスのイメージだけではなく、もっと本当のフランス文化の観光ではわからない部分をワーキングホリデーで知り、見て学んでいきたいと思いました。特に私は食文化にとても興味があります。
(自分の体験をちょっと書いて)…………………と思うので実際に訪れて体験していきたいです。

 

〜中〜

フランスでの生活では、最初に○○で住みたいと思っています。なぜなら…….
…………….(省略)またフランス語が生活上必要になると思うので、最低限のコミュニケーションができるよう、3ヶ月程、語学学校で勉強したいと思っています。←(メインにはならんよアピール)
……………..(省略)【この街で〜をしていきたい、見ていきたいなどを書いた。】
……………..(省略)またアルバイトができたら、次の街への旅行資金のためにも働きたいと思っています。人と関わる事が好きなので現地の方とコミュニケーションができるよう接客業で働いてみたいです。←(働くけどメインじゃないよアピール)ワーキングホリデーの後半は、…………←(○○へ行きたい、○○へも訪れたいなど観光もするよアピール)

 

〜終わりに向けて〜

帰国後はこれらの経験を生かした……をする予定。
経験してきた事を生かして…………etc ←(ちゃんと1年で帰りますよアピール)

 

全部は載せれませんが、私の場合はこんな感じで書きました。

あの紙1枚を書き埋めるのはとても大変。正直書く事がなくなる…。

息詰まって何も文章が出てこない時は、辞めて違う日にまた考え直しました
日を改めると不思議と文章が出てくるもの。なので気を追わずに日に余裕があれば何日もかけてヒマがある時に校正してみるのもおすすめです。

まとめ

そもそも、こんなに長い文章を手書きで書くのは本当に久しぶりでした。

最初はパソコンで思いついた文章をどんどん打っていき何回も校正していきました。

文章ができればあとは本番書きするだけです。作文が苦手な私でも出来たので、大丈夫です!

以上、今回は申請動機作文の書き方についてでした。

少しでも参考になれば嬉しいです。

 

 

2 件のコメント

  • 全ての書類が整いついに 2週間後 大使館行きます!
    履歴書と計画書は手書きとワードどっちがいいですか?

  • 五十畑さん
    行かれることになられたんですね^o^書類準備お疲れ様でした(笑)
    私は履歴書と計画書はワードにしました。ワードの方が見やすいかなと思ったのと、ワーホリ経験者のブログを見てみなさんワードで出していたようでしたので。
    無事手続きが終わるといいですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    27歳当時、英語0から留学決意。 フィリピン留学、オーストラリアワーホリ1年を経て英語習得。 フランス滞在後、自分の好きな場所で仕事ができる働き方を目指しセブにてITを勉強。
    外資で働くが会社員限界になり退職。 現在は場所に囚われない自由な暮らしに憧れ、発信しつつ自由に生活中
    いくつになっても人生を楽しく刺激あるものにしていきたいです♡